中学校受験を目指す小学生はもちろん、算数を総復習したい中学生から保護者の方まで使えます。ランドポート スモッカの7時間で分かる小学6年分の算数 【PC家電_012P2】中学校受験を目指す小学生はもちろん、算数を総復習したい中学生から保護者の方まで使えます。ランドポート スモッカの7時間で分かる小学6年分の算数 【PC家電_012P2】中学校受験を目指す小学生はもちろん、算数を総復習したい中学生から保護者の方まで使えます。ランドポート スモッカの7時間で分かる小学6年分の算数 【PC家電_012P2】
osadasoft

少子化問題と私立中学受験

私立中学偏差値を参考に受験を考えましょう。

関連記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071107-00000014-mai-soci

私立中学受験熱が、年を増す毎にヒートアップしていってます。
理由は様々ですが、近年になって施行されたゆとり教育や学級崩壊への危機感も大きいようです。
かっては富裕層の子供が私立中学へ進むことが世間の常識だとされていましたが、最近は少子化の影響も相まって、経済的には下層とされる世帯でも中学受験が広まりつつあります。
それに呼応するかのように私立中学側も費用を安くする傾向にあります。
私立校側も少子化対策をとろうとしているのかもしれませんね。
また最近では、ほとんど学費が掛からない国立中学も人気が高いようです。

日本にある約700校の私立中学校のうち半数以上が、首都圏また京阪神地区に集中しています。
そういう背景もあり、現状では首都圏と京阪神地区の二極が中学受験のメッカとなっています。
そのため、中学受験の塾の多くがこの二地域に教室を設け展開しています。
中学受験の入試問題は学校の授業だけではどうしても不足の部分があり、合格点にたどりつけないので、ほとんどの親がそういった進学塾に通わせています。

私立中学校に入学させる最大の理由としては次の6点があげられます。1)教育レベルの高さ。 独自のカリキュラムを持っている。
2)宗教教育公立校では宗教教育を受けられないことから、信者家庭に とっては宗教系私立中学校に人気がある。
3)高校への内部進学が可能。
4)大学への内部進学が可能。 多くの私立大学附属校では、高校への内 部進学のみならず、大学受験をせずに大学までエスカレーター式に 内部進学できるというメリットがある。
5)中高一貫教育。公立中学に比べて、学校生活で問題行動に巻き込ま れにくいこと。
6)ブランド価値が得られる。また卒業後の人間関係・人脈 優秀な同級 生との繋がりは、金銭的なものには代えがたい財産になる。

このように良い面ばかりではないですが、まず教育費が当然公立中学では無料だが私立中学では掛かること。
入学前の通塾費も必要になる。
また高校・大学受験などと違って浪人することが事実上想定されていないため、必ず合格しなければいけないというプレッシャーが親子共にあること。
そして最大の問題は、無理して入学した後に落ちこぼれる危険性も少なからずあることです。
但し難関中学に入ることで優秀な人間の中で揉まれ、人間の幅が大きくなるというメリットも大きい。
思春期に良い環境のもとで勉学に勤しんで貰いたいと真剣に考える親にとって、中学受験は、今後ますます注目されることになっていくと思われます。

皆さんも両親とよく話し合って、私立中学への進学を考えましょう!



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。