中学校受験を目指す小学生はもちろん、算数を総復習したい中学生から保護者の方まで使えます。ランドポート スモッカの7時間で分かる小学6年分の算数 【PC家電_012P2】中学校受験を目指す小学生はもちろん、算数を総復習したい中学生から保護者の方まで使えます。ランドポート スモッカの7時間で分かる小学6年分の算数 【PC家電_012P2】中学校受験を目指す小学生はもちろん、算数を総復習したい中学生から保護者の方まで使えます。ランドポート スモッカの7時間で分かる小学6年分の算数 【PC家電_012P2】
osadasoft

私立中学受験についてB

私立中学偏差値を参考に私立中学の受験をかんがえましょう。

私立中学の受験対策として、まず私立中学の偏差値を参考にして今、自分がどのレベルにいるのか確認しなくてはいけません。

それから、中学受験で学力中堅校・難関校に合格を目指す場合は、それ相応に学力を高めなければなりません。
一般的な公立小学校では中学受験対策の授業を行なわない(一部の私立小学校は私立中受験にも熱心である)ため、学習塾・予備校に通ったり、あるいは参考書・通信教育を利用したりして独自に対策を講じることになります。
公立学校の学習指導要領がゆとり教育路線を走っているため、前は公立小学校の授業のみでもある程度は充実した学力が身に付き、中学受験にも対応できたといわれていますが、現在はほとんど不可能になっているといわれています。

そのために、小学生から塾通いを始めます。
代表的な塾としては、能開センター(全国展開)、日能研(関東・関西・九州)、四谷大塚(関東)、SAPIX(関東)、浜学園(関西・愛知)、希(のぞみ)学園(関西・東京)、河合塾(愛知)、英進館(福岡)などがあります。
これらの学習塾は進学塾ともいわれ、小学校の学習進度よりも速く進めるカリキュラムを組んでいるのが特徴です。
さらに難関校志望者向けに特別なプログラムを用意する進学塾もあります。
なお、本来の小学校の授業についていけていない場合は塾の選定に注意を必要とするので気をつけて下さい。

中学受験のための学習塾通いで小学校を軽視する、遊ぶ時間や睡眠時間が削られる、夜道を歩くのが危険など子供の生活・成長・安全がむしばまれているとへの批判は絶えません。
その一方で、中高一貫教育校へ入学することで思春期を高校受験に振り回されずに過ごすことができるというメリットも指摘されています(学校によっては大学受験も不要)。
また、学習塾は授業が楽しくなければ受講者が辞めるので、常に講師の人気を保たなければならず、そのため塾の方が小学校より楽しいと感じる児童も多いのも事実です。
その為か、中学入学後も6年間一貫して通塾するケースも増えています。

塾通いをするにも私立中学の偏差値を参考に子供のレベルに合わせた塾選びが大切です。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。