中学校受験を目指す小学生はもちろん、算数を総復習したい中学生から保護者の方まで使えます。ランドポート スモッカの7時間で分かる小学6年分の算数 【PC家電_012P2】中学校受験を目指す小学生はもちろん、算数を総復習したい中学生から保護者の方まで使えます。ランドポート スモッカの7時間で分かる小学6年分の算数 【PC家電_012P2】中学校受験を目指す小学生はもちろん、算数を総復習したい中学生から保護者の方まで使えます。ランドポート スモッカの7時間で分かる小学6年分の算数 【PC家電_012P2】
osadasoft

少子化問題と私立中学受験

私立中学偏差値を参考に受験を考えましょう。

関連記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071107-00000014-mai-soci

私立中学受験熱が、年を増す毎にヒートアップしていってます。
理由は様々ですが、近年になって施行されたゆとり教育や学級崩壊への危機感も大きいようです。
かっては富裕層の子供が私立中学へ進むことが世間の常識だとされていましたが、最近は少子化の影響も相まって、経済的には下層とされる世帯でも中学受験が広まりつつあります。
それに呼応するかのように私立中学側も費用を安くする傾向にあります。
私立校側も少子化対策をとろうとしているのかもしれませんね。
また最近では、ほとんど学費が掛からない国立中学も人気が高いようです。

日本にある約700校の私立中学校のうち半数以上が、首都圏また京阪神地区に集中しています。
そういう背景もあり、現状では首都圏と京阪神地区の二極が中学受験のメッカとなっています。
そのため、中学受験の塾の多くがこの二地域に教室を設け展開しています。
中学受験の入試問題は学校の授業だけではどうしても不足の部分があり、合格点にたどりつけないので、ほとんどの親がそういった進学塾に通わせています。

私立中学校に入学させる最大の理由としては次の6点があげられます。1)教育レベルの高さ。 独自のカリキュラムを持っている。
2)宗教教育公立校では宗教教育を受けられないことから、信者家庭に とっては宗教系私立中学校に人気がある。
3)高校への内部進学が可能。
4)大学への内部進学が可能。 多くの私立大学附属校では、高校への内 部進学のみならず、大学受験をせずに大学までエスカレーター式に 内部進学できるというメリットがある。
5)中高一貫教育。公立中学に比べて、学校生活で問題行動に巻き込ま れにくいこと。
6)ブランド価値が得られる。また卒業後の人間関係・人脈 優秀な同級 生との繋がりは、金銭的なものには代えがたい財産になる。

このように良い面ばかりではないですが、まず教育費が当然公立中学では無料だが私立中学では掛かること。
入学前の通塾費も必要になる。
また高校・大学受験などと違って浪人することが事実上想定されていないため、必ず合格しなければいけないというプレッシャーが親子共にあること。
そして最大の問題は、無理して入学した後に落ちこぼれる危険性も少なからずあることです。
但し難関中学に入ることで優秀な人間の中で揉まれ、人間の幅が大きくなるというメリットも大きい。
思春期に良い環境のもとで勉学に勤しんで貰いたいと真剣に考える親にとって、中学受験は、今後ますます注目されることになっていくと思われます。

皆さんも両親とよく話し合って、私立中学への進学を考えましょう!

首都圏、関西圏の偏差値ベスト10

私立中学偏差値を参考にして中学受験を考えてみましょう。
首都圏での代表的な模試業者は全国中学入試センター模試事務局、日能研、四谷大塚、首都圏模試センターです。
私立中学受験をお考えのお子様をお持ちの方は参考にしてみて下さい。

首都圏の中学校偏差値ベスト10

偏差値 : 71
★ 筑波大学付属駒場中学校

偏差値 : 69
★ 開成中学校

偏差値 : 67
★ 麻布中学校 
★ 慶応義塾中等部
★ 桜蔭中学校

偏差値 : 66
★ 栄光学園中学校
★ 駒場東邦中学校

偏差値 : 65
★ 聖光学院中学校
★ 女子学院中学校
★ 筑波大学付属中学校

関西圏の中学校偏差値ベスト10

偏差値 : 71
★ 灘中学校
★ 東大寺学園中学校
★ 甲陽学院中学校

偏差値 : 63
★ 洛南高等学校付属中学校

偏差値 : 62
★ 大阪星光学院中学校

偏差値 : 61
★ 西大和学園中学校
★ 神戸女学院中学校

偏差値 : 60
★ 洛西中学校

偏差値 : 58
★ 大阪教育大学付属池田中学校
★ 大阪教育大学付属天王寺中学校
★ 六甲中学校

中学受験を考えてる人は上記の中学校の偏差値を参考にして私立中学受験にトライして下さいね。

私立中学偏差値を知るには

私立中学偏差値を知るには、代表的な模試業者の全国中学入試センター模試事務局、日能研、四谷大塚、首都圏模試センターで調べてみることをお勧めします。

一般的に学力偏差値(がくりょくへんさち)とは、偏差値を応用したものの一つであり、学力検査の結果を偏差値に換算したものである。
一般に偏差値という場合、特に学力偏差値を指すことが多いです。
学校の入学試験では、合格可能性を表すものとして偏差値が広く使われています。
偏差値を判定するのは、学習塾や予備校が大規模に受験生に対して行なう模試などです。

(得点-平均点)×10/標準偏差+50

で求められ、得点と平均点がほぼ一緒だった場合は「偏差値50」となります。

私立中学偏差値で注意すべきなのは、高校受験の偏差値は、中卒者の97%に及ぶ高校進学者の大部分が模試を受けた者であるのに対し、中学受験の模試を受けるのは小学生のごく一部であり、平均的な小学生よりも学力の高い受験生が主体であるため、同じ併設型中高一貫校・同じ生徒であっても、中学受験時の偏差値の方が高校受験時の偏差値よりも低くなりがちということです。
例えばA学園中学校の入学偏差値が40だったとすると、併設のA学園高校の偏差値は52であるという風になります(上位校はこれほど変わらない)。
ただし河合塾などの高校模試受験者は中学生の上位成績者が母体なのでこれに当てはまりません。

私立中学偏差値は私立中学受験の際に参考になりますので、なるべく模擬試験を受けて自分の偏差値を把握するように心掛けて下さい。

私立中学受験についてB

私立中学偏差値を参考に私立中学の受験をかんがえましょう。

私立中学の受験対策として、まず私立中学の偏差値を参考にして今、自分がどのレベルにいるのか確認しなくてはいけません。

それから、中学受験で学力中堅校・難関校に合格を目指す場合は、それ相応に学力を高めなければなりません。
一般的な公立小学校では中学受験対策の授業を行なわない(一部の私立小学校は私立中受験にも熱心である)ため、学習塾・予備校に通ったり、あるいは参考書・通信教育を利用したりして独自に対策を講じることになります。
公立学校の学習指導要領がゆとり教育路線を走っているため、前は公立小学校の授業のみでもある程度は充実した学力が身に付き、中学受験にも対応できたといわれていますが、現在はほとんど不可能になっているといわれています。

そのために、小学生から塾通いを始めます。
代表的な塾としては、能開センター(全国展開)、日能研(関東・関西・九州)、四谷大塚(関東)、SAPIX(関東)、浜学園(関西・愛知)、希(のぞみ)学園(関西・東京)、河合塾(愛知)、英進館(福岡)などがあります。
これらの学習塾は進学塾ともいわれ、小学校の学習進度よりも速く進めるカリキュラムを組んでいるのが特徴です。
さらに難関校志望者向けに特別なプログラムを用意する進学塾もあります。
なお、本来の小学校の授業についていけていない場合は塾の選定に注意を必要とするので気をつけて下さい。

中学受験のための学習塾通いで小学校を軽視する、遊ぶ時間や睡眠時間が削られる、夜道を歩くのが危険など子供の生活・成長・安全がむしばまれているとへの批判は絶えません。
その一方で、中高一貫教育校へ入学することで思春期を高校受験に振り回されずに過ごすことができるというメリットも指摘されています(学校によっては大学受験も不要)。
また、学習塾は授業が楽しくなければ受講者が辞めるので、常に講師の人気を保たなければならず、そのため塾の方が小学校より楽しいと感じる児童も多いのも事実です。
その為か、中学入学後も6年間一貫して通塾するケースも増えています。

塾通いをするにも私立中学の偏差値を参考に子供のレベルに合わせた塾選びが大切です。

私立中学受験についてA

私立中学偏差値を参考に中学受験について考えてみましょう。

私立中学については地域性があり、日本に700校あるが、首都圏では東京都179校、神奈川県62校、埼玉県20校、千葉県23校と4都県で284校を占め、京阪神では大阪府63校、兵庫県39校、京都府24校と3府県で126校を占めています。
この様に首都圏と京阪神に私立中学が集中しているため、それらの地域では中学受験が盛んです。
地域によっては小学校の生徒の大部分が受験するため、それらの地域の公立中学が大幅な定員割れとなることもあるようです。
なお国立中学は私立中学ほど東京に集中しておらず、各都道府県に分散しているが、東京では私立中学と同様に人気が高いようです。

近年、公立中高一貫校が増設されているが、これは私立中学と違って色々な地域に存在します。そのため、受験ノウハウがない地域では混乱などもあるようです。
2004年に大きなニュースとなった長崎小6女児同級生殺害事件では、長崎に新設される公立中高一貫校への慌しい進学準備で地元が混乱し、加害者に対してもストレスがかかったといわれています。

それらの地域に在住していないが進学意識の高い家庭の場合は、寮がある学校が人気となっています。
開成の寮設置予定も大変話題となっています。

上記の事から私立中学の偏差値を参考に私立中学の受験に備えましょう。

私立中学受験について@

私立中学偏差値を考えて私立中学の受験を考えないといけません。

私立中学は主に裕福な家庭の子女が通うところと見なされていましたが、近年になってゆとり教育や学級崩壊などへの危機感から、特に首都圏では経済的に厳しい家庭でも中学受験が広まりつつあり、それに呼応するかのように私立中学側も費用を安くする傾向にあります。
また国立中学はほとんど学費が掛からないので人気が高いです。そもそも中学進学をするために必ず受験しなければいけないものではなく、小学6年生がこぞって受けるわけではありません。
しかし、就職難の時代にあって学歴(学校名)や能力のニーズは高まる一方であり、また私立中高一貫校が高校からの生徒募集を停止し、完全中高一貫校化する傾向とあっては、少子化にも関わらず中学入試の人気は衰えるどころか年々活発化・競争が激化しています。その事を踏まえても私立中学の偏差値を参考にすることは重要です。

中学受験に対する家庭の意欲・情報量には温度差があり、子供の幼少の時から対応を考え計画をたてるといった教育に関心のある家庭がある一方で、実際もうすぐ中学にいく段階になって見えてきた地元公立中学に疑問を感じ、急遽受験に参戦するといった家庭も多いです。
首都圏においては、卒業する6年生の15%強が、私立または国立の中学を受験しているといわれています(これを受験率と呼んでいる)。
公表されてはいませんが、東京都23区内では20%を超えるとのデータもあるくらいです。
近年では、長らく公立校の天下の続いた埼玉県での私立中学新設ラッシュに伴い、都内よりもむしろ埼玉県内での中学受験率の上昇の方が目立ちます。
千葉でも、私立の台頭が目立ち、今後、より一層の中学受験率上昇が予測されるところです。

上記の事から私立中学の偏差値を参考に早めに受験に備える事が大事ですね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。